産後の抜け毛とホルモンバランスの変化

産後悩んだことは大きく分けて2つあります。

1つは抜け毛です。
産後のよくある症状の一つに入っていますが、毎日掃除機をかけても結構髪の毛が落ちているのが気になるほど毎日掃除をしていました。
産後時間がたてば落ち着くものなのかなと気にしていなかったのですが、産後1年経っても改善されませんでした。

二人目の子供を出産したあとだったので、育児に忙しい時間が続き、睡眠不足とストレスでこの症状がおさまらなかったようです。
上の子とも年子だったこともあり余計にストレスが大きかったのもありました。

2つ目の悩みはホルモンバランスが崩れてしまったことです。
抜け毛もこれが関係しているのだとは思いますが、私が一番感じている体の変化は、排卵期と生理期前の頭痛です。
薬を飲んでもどうしてもその期間は頭痛がおさまらず、排卵痛もひどくなってしまい、立ち上がれないほどの痛みが襲ってくるようになりました。

産婦人科を受診し、検査をしてもらいましたが、病気等の原因は何もなく、女性ホルモンのバランスが崩れる生理現象からくる症状だと言われました。
そしてホルモンバランスを整える薬として、ルナベルという薬を処方してもらいました。
よく知られている名前ではピルという薬です。
避妊の効果で良く知られている薬ですが、排卵痛やホルモンバランスの管理にも使える薬だそうです。
私も産婦人科で説明を受けるまで抵抗があったのですが、きちんと説明をしてもらい、正しい使い方で使えば女性特有の悩みの解決にも使えることを知りました。

ピルを服用するようになり、排卵痛が激減しました。
立ち上がれないほどの痛みはまったくなくなり、頭痛も起こらなくなりました。
ピルを服用することでホルモンバランスによる症状は劇的に解決されたので、抜け毛も解決していくといいと思います。